銀接点

主原料が銀で作られた電子回路などの中の接点(溶接箇所)を銀接点という。銀は、性質上、室温(約20?25度)における導電率(電気伝導率)が高いため、工業製品・商品の電子回路などの中で、接点として用いられている。



銀買取のお問い合わせはこちら

その他の買取品目はこちら