銀買取・銀くず・シルバーの買取専門店なら銀買取センター

ネオライン

お電話はこちら045-712-4550

menu

シルバーカトラリーの刻印について

2021.01.25

銀スプーンやフォーク、ナイフなどのシルバーカトラリーには、それが銀で作られている場合必ず刻印が打たれております。
画像の銀スプーンの場合、裏側を見ると小さくうっすらと「925」の刻印がございます。

銀スプーン

925刻印

これは、92.5%が銀の合金で作られたスプーンであることを示しています。
他にも「純銀」「銀製」「SILVER」「STERLING」などの刻印がある場合、そのお品物は銀で作られていると判断できます。

 

ここでご注意頂きたいのが、刻印があっても銀ではない場合もあるということです。
「SILVER G」「SILVER F」「NICKEL SILVER」といった刻印はシルバーと入っておりますが銀ではありません。
あとよく見かけるものですと「E.P.N.S.」という刻印も銀で作られたものではないことを示しています。
「STAINLESS STEEL」はステンレス製です。

 

お客様にはまず一度刻印があるかないかをご確認頂きまして、その上で銀であることを示す刻印のものをお送り頂ければと思います。
銀買取センターでは銀買取のご相談承っておりますので、ご不明な点などございましたらお問い合わせください。

前の記事へ

買取方法

買取品目はこちら

お電話はこちら045-712-4550