銀買取・銀くず・シルバーの買取専門店なら銀買取センター

ネオライン

お電話はこちら045-712-4550

menu

シルバーカトラリーの刻印について

2020.09.14

銀食器、銀器物、銀製品の場合は、買取希望のお品物をお送り頂く際に、まず刻印をご確認頂いています。
刻印の入っていないものにつきましては、銀で出来たものでない可能性が高いためです。

「銀製」刻印の入ったスプーン

シルバーカトラリーを例に見ていきましょう。
画像は銀のスプーンです。
シルバーカトラリーの場合は、画像のように柄の裏側の部分に刻印がある場合がほとんどです。
稀に先(すくう部分)に刻印が入っている場合もございます。
画像の銀のスプーンは「銀製」の刻印がございますので、銀で出来たものであることは間違いなさそうです。
「銀製」や「SILVER」といった刻印の場合は、何パーセントくらいの銀で出来ているのかを念のため簡易分析で調べた上で、買取単価を設定させて頂きます。
ここで刻印が見当たらなかった場合は、高確率でそのお品物は銀ではないと考えられます。

 

ご注意頂きたいのは、刻印が入っていても銀以外で作られている場合があるということです。
よく見られるのは「NICKEL SILVER」(洋白)、「EPNS」(銀めっき)、「STAINLESS」(ステンレス。ナイフの場合は柄だけはシルバーな品物もございます)、ブランド名の刻印などです。
特に「NICKEL SILVER」は「シルバー」と書いてありますが銀ではないのでご注意ください。

買取方法

買取品目はこちら

お電話はこちら045-712-4550