銀買取・銀くず・シルバーの買取専門店なら銀買取センター

ネオライン

お電話はこちら045-712-4550

menu

メッキがけされた銀くずについて

2021.05.12

シルバーアクセサリーや銀食器、銀器物などの銀くずには、一見銀のように見えて銀ではない品物も多くございます。

そのようなものはたいてい表面に銀メッキが施されていて、刻印も打たれていないか、もしくは「SILVER G」「SILVER F」など、銀メッキ・もしくは銀張りという意味の刻印が打たれています。

このような品物は銀ではないので買取対象外となります。

 

逆に、一見銀でないように見えても刻印が打たれている場合、表面が銀以外の金属でメッキがけされていて、中身が銀である可能性がほとんどです。

銀くず(シルバーアクセサリー)

こちらのチャームは、一見銀には見えませんが、「925」の刻印があるのがわかります。

シルバーチャーム(表面金メッキ)

分析装置にあててみると、下のような結果となり、母材がちゃんと銀であるとわかります(表面が金メッキなのでAuも引いています)。

シルバーチャーム分析結果

このようなお品物であれば、通常の925の銀くずとして買取が可能です。

他にも925刻印があるのに磁石を引くものなどは表面に施されているニッケルめっきが原因であって、このような場合も母材が銀であれば買取可能となります。

 

中には稀に偽の刻印のある物もございますが、基本的には「925」「SILVER」「SV」などの刻印のある銀くずであれば、見た目が銀に見えなくても高確率で表面のメッキのせいですので送って頂いて構いません。

銀に見えるものの刻印のない品物につきましては、ほとんどが銀ではありませんのでご注意ください。

買取方法

買取品目はこちら

お電話はこちら045-712-4550