銀買取・銀くず・シルバーの買取専門店なら銀買取センター

ネオライン

お電話はこちら045-712-4550

menu

見間違えやすい、錫の刻印について

2021.06.15

銀のトロフィーやシルバーカトラリーなど、銀で作られた製品のほとんどには、銀で作られていることを示す刻印が打たれています。

一例としましては、「純銀」「銀製」「SILVER」「STERLING」などといった刻印が挙げられます。

 

刻印は小さく読みづらいので、刻印がある=銀で作られている、と思ってしまいがちではありますが、例えばブランドの名前が打たれているだけであったり、銀ではない別の素材で作られていることを示している刻印もございます。

下の画像の器物には刻印が打たれておりますが、いずれも錫で出来ていることを示す刻印です。

本錫刻印

ピューター刻印

1枚目は「本錫」2枚目は「Pewter(ピューター)」の刻印がございます。ピューターは錫を主体とした合金です。

いずれも(よく見ると銀とは色味が異なるのですが)ぱっと見は銀色の金属ですし、特に小さい刻印ですと「銀」と「錫」は似ており、読み間違えやすいので、お気をつけください。

買取方法

買取品目はこちら

お電話はこちら045-712-4550