銀買取・銀くず・シルバーの買取専門店なら銀買取センター

ネオライン

お電話はこちら045-712-4550

menu

銀ろう買取(銀ロウ買取)について

2018.11.13

銀買取専門店の銀買取センターでは、JIS規格銀ろう(銀ロウ)はもちろん、彫金に使われる3分ろう、5分ろう、7分ろうなども買取しています。

この「○分」は銀に対する真鍮(銅+亜鉛)の割合を示しています。
この数字が小さいほど銀を多く含んでおり、融点は高く、
数字が大きくなるほど融点が低くろう付けしやすくなる反面、強度は弱くなります。

彫金用銀ろう

↑向かって左から
・3分ろう(銀10:真鍮3 銀77%くらい)
・5分ろう(銀10:真鍮5 銀70%くらい)
・7分ろう(銀10:真鍮7 銀60%くらい)

写真で見てみると、数字が大きいほど真鍮の割合が高く、だんだん色も銅の色味が強くなっているのがわかります。
こういった銀ろう(銀ロウ)の端材や、銀屑などは、基本的にお預かりしたもの全体の銀平均含有率を想定して、単価を算出し買い切りさせて頂いております(あまりにも品位が異なるものが含まれる場合を除く)。

銀買取センターでは、このような銀ろう(銀ロウ)の端材も買取致します。
宅配買取ご利用の場合は、銀の回収量100グラム以上からとなります。
詳しくはお電話かお問い合わせフォームよりお問い合わせ頂ければと思います。

買取方法

買取品目はこちら

お電話はこちら045-712-4550